ウィブランパブリシティ|広報PR企画コンテンツ制作・Googleストリートビュー・VR(佐賀県佐賀市)

広報PR企画・「伝わる」企業PRのためのコンテンツ制作・Googleストリートビュー・VR(パノラマ360°撮影企画提案)
 0952-37-5631
お問い合わせ

インフォメーション

2017 / 08 / 02  00:00

【Googleストリートビュー】「佐賀市エコプラザ」公開しました。


「佐賀市エコプラザ」2F環境学習ゾーン(Googleストリートビュー)

 

佐賀市の環境を豊かにするために、ごみの減量・資源の有効利用に関する情報を発信するとともに、科学的に正しい知識に基づいて環境のことをわかりやすく学んでもらうという環境学習の拠点「佐賀市エコプラザ」をパノラマ撮影した「Googleストリートビュー(屋内版)」を8月2日、Googleマイビジネス(マップ)に公開しました。

 

2016年2月にリニューアルオープンしたこの施設の1Fの「出会いのゾーン」と「再生ゾーン」、2Fの「環境学習ゾーン」、3Fの「工場見学ゾーン」の一部を佐賀市職員の皆さまに入って頂き、楽しく撮影させて頂きました。「工場見学ゾーン」の清掃工場やリサイクル工場など、佐賀市が環境に関する様々な取り組みをパノラマで見せたい!…という思いを感じることできましたが、これはまたの機会になりそうです。

 

【撮影箇所概要】
1. マイビジネス名  佐賀市エコプラザ
2. 住所・電話番号  佐賀市高木瀬町大字長瀬2369 0952-33-0520
3. ホームページ  http://www.saga-ecoplaza.jp/

 

【同施設へのGoogleストリートビュー公開について】
1. 公開日  2017年8月2日
2. 公開ページ  Googleページ上( https://goo.gl/maps/XqbcxW179Hk
 Google検索・Googleマップで「佐賀市エコプラザ」からご覧いただけます。

2017 / 07 / 28  17:00

【ニュースリリース作成指導】泊まれる図書館「暁」映画定期上映

 佐賀市富士町古湯温泉に2016年9月に「開館」した泊まれる図書館「暁」。本好きの白石隆義さんが企画、館長を務めています。
 古湯温泉の「映画の街」の発信も少しづつ取り組みたいと今回、「暁」での映画上映会を企画。メディア通じた広報をしたいと、ニュースリリース作成を指導させて頂きました(ニュースリリースの考え方、リリースに盛り込む内容、配信方法など)。

 

 リリース作成にあたり「ニュース掲載されたとしても、映画上映会の告知だけにならないようにしたい」という意図を踏まえて、リリースタイトルやリード(書き出し)に「何故、映画の上映会を企画したのかをきちんと表記する」「会場のイメージが伝わる写真を掲載する」など今回のリリースでの発信目的に合わせてポイントをお伝えし、白石さん自身がリリース作成、佐賀市内のメディア向けに配信しました。
(画像は実際に配信した「ニュースリリース」の一部です)

 

結果、以下3媒体に「企画意図も含めた」ニュースとして掲載、紹介頂きました。

 

古湯映画祭以外にも上映会 図書館「暁」で -「映画の街」定着目指し、30日に初回- (佐賀新聞 2017年7月27日)
泊まれる図書館「暁」で30日上映会 「映画に触れる回数増やす」 古湯温泉
(西日本新聞 2017年7月28日)
■ エフエム佐賀

 

地域メディア向けの「ニュースリリース」でも、取材メディアの気持ちに寄り添い、コンテンツを工夫することで、今回の「古湯温泉で映画に触れる機会を増やしたい」という企画意図も合わせた取材に繋げることができます。
「ニュースリリース」に一工夫を…と思われる方はぜひご相談ください。

 

【泊まれる図書館「暁」概要】
1. 住所・電話番号  佐賀市富士町古湯761  0952-58-2105
2. ホームページ  http://library-inn.jp/

2017 / 07 / 19  00:00

【Googleストリートビュー】「株式会社familiar」公開しました。


「株式会社familiar」が提供するケアの一場面(Googleストリートビュー)

 

佐賀市でカイロプラクティックによる根本ケアや、独自システムを活用したライフスタイルのアドバイスを提供する「株式会社familiar」(代表=赤川綾さん)のサロンをパノラマ撮影した「Googleストリートビュー(屋内版)」を7月19日、Googleマイビジネス(マップ)に公開しました。

 

看護師として、いち母親として、単に「病気にならない」だけでなく「病気があっても自分の目標に向かって命を輝かせる」そんなお手伝い、支援のためのメニューを作りたいという「ウエルネス‼︎」という健康を超えたコンセプトで立ち上げたという同社。

 

母親(女性)が元気だと家族は元気!家族が元気だと社会も元気!!
…を合言葉に、看護師を辞めて予防医療の観点から心と体の調和を追求する会社。
生命・生活スタイル・価値観・思想など、次世代への「いのち」をつなぐ女性。 そこをメインに、サロンでのメディカル寄りのボディケアや、企業研修・セミナーを通じて、自身・家族の体やメンタルを守る対策や不調への根本的なケア・学びをサポート。
現在サロンでは不妊治療を決断する前に行って欲しい妊活や産後の歪みやボディバランスのケア、そして、それが当たり前になるような思想の普及活動に力を入れています。

 

【撮影箇所概要】
1. マイビジネス名  株式会社familiar
2. 住所・電話番号  佐賀市 唐人2丁目5-1 園田ビル2階 0952-22-2978
3. ホームページ  https://www.facebook.com/familiar.prima/

 

【同店舗へのGoogleストリートビュー公開について】
1. 公開日  2017年7月18日
2. 公開ページ  Googleページ上( https://goo.gl/maps/NpPNn4ArbaQ2
 Google検索・Googleマップで「株式会社familiar」からご覧いただけます。
3. 採用理由
まだまだ存在を知られていないファミリア。階段を上った先にどんな空間が広がっているのか、実際どんな人がいるんだろう?子連れでも本当にOKな場所?
そんな「不安のハードルを下げて、安心してケアに臨んでもらいたい」と思い導入を決めました。

2017 / 07 / 05  00:00

【Googleストリートビュー】「苓北観光汽船(株)富岡港」公開しました。


「苓北観光汽船(株)」が運航する高速船「KIZUNAⅡ」船内の様子(Googleストリートビュー)

 

富岡港(熊本県苓北町)と茂木港(長崎市)を結ぶ旅客専用高速船「KIZUNAⅡ」をパノラマ撮影した「Googleストリートビュー(屋内版)」を7月4日、Googleマイビジネス(マップ)に公開しました。

 

熊本県苓北町から熊本市内までは車で約3時間。一方、船舶航路利用し、長崎市茂木港経由で長崎市内までは約1時間。天草島民にとっては貴重な生活航路でありながら、燃料費の高騰など採算悪化により、近年は航路の休止と再開を繰り返してきました。
2013年4月には旧苓北町漁業の現役漁師が株主となり設立した「苓北観光汽船」が高速船「KIZUNAⅡ」を運航開始。天草島民の長崎市内への生活の足を守りながら、チャーター運航や観光利用を増やすきっかけにしたいと今回、「Googleストリートビュー(屋内版)」を活用して、船内を公開しました。

 

【撮影箇所概要】
1. マイビジネス名  苓北観光汽船(株) 富岡港  https://goo.gl/maps/FDf2o6D3XBM2
2. 住所・電話番号  天草郡苓北町富岡2711-47
3. ホームページ  http://www.reihoku-kisen.jp/
 富岡港〜茂木港を1日4往復、所要時間45分で結んでいる他、チャーター便も運航している。

 

【「KIZUNAⅡ」の概要】
1. 製造会社 ニュージャパンマリン株式会社(三重県伊勢市)
2. 竣工 2014年3月(第791番船) 19.0m旅客船
3. 客室定員 46人(3,450kg)

 

【富岡港〜茂木港 航路の歴史】
江戸時代から航路が開かれ、明治時代に定期航路となって以降、天草島民の長崎への生活の足に。
2004年10月31日 苓北町が所有し、安田観光汽船(長崎市)が運航する航路の休止
 (当時はフェリー「れいしゅう」と高速船で最大計7往復)
2006年4月1日 安田産業汽船が「フェリーきずな」の運航開始
 (中古フェリーを苓北町が購入・所要時間70分)
2011年9月30日 「フェリーきずな」運航休止
2011年10月1日 安田産業汽船が旅客専用高速船「プローバー5」を運航開始
 (1日4往復・所要時間45分)
2012年 安田産業汽船が、富岡港〜茂木港航路からの撤退を表明
2012年9月4日 旧苓北町漁業の役員で現役漁師11名が株主になり「苓北観光汽船株式会社」を設立(資本金220万円)
2012年10月31日 「プローバー5」運航休止(安田産業汽船による運航終了)
2012年11月1日 苓北観光汽船が海上タクシー「翔」運航開始
 (定員12人・所要時間45分、「KIZUNAⅡ」就航までの措置として)
2013年4月1日 苓北観光汽船が旅客専用高速船「KIZUNAⅡ」運航開始(所要時間 45分)

 

■ プレスリリース(2017年7月5日配信)
pdf 20170705GSV苓北観光汽船富岡港_v2.pdf (1.91MB)

2017 / 06 / 28  00:00

【Googleストリートビュー】「富岡城跡」公開しました。

天草富岡城二の丸に立つ4人の銅像(左から勝海舟・頼山陽・鈴木重成・鈴木正三)

 

 熊本県天草郡苓北町の富岡は、江戸時代から明治6年に本渡に天草に天草支庁が移るまで、天草の政治・経済・文化の中心地でした。その富岡のシンボルともいえる富岡城。その城跡「富岡城跡」のGoogleストリートビューの撮影を当社が手がけました。

 

【史跡概要】
1.史跡名  富岡城跡
2.住所  熊本県天草郡苓北町富岡2217
3.電話番号  0969-35-0170(熊本県富岡ビジターセンター)
4. URL  http://www.t-island.jp/p/society/detail/320

 

【同史跡へのGoogleストリートビュー公開について】
1.公開日  2017年6月28日
2.公開ページ  Googleページ上(
https://goo.gl/maps/i72YM9wcZvj
 Google検索・Googleマップで「富岡城跡」からご覧いただけます。
3. 導入理由
 2005年、富岡城の本丸跡に「熊本県富岡ビジターセンター」を設置、櫓(やぐら)・高麗門等を整備するなど当時の富岡城を感じてもらえるよう施設を整えている。苓北町を見渡せる小高いところにもあるため、より多くの方に来てもらえるよう現地の雰囲気をパノラマで見れるよう撮影を決めた。
1 2
2017.11.20 Monday